本当に辞めていいの?今の仕事を続けるという選択肢

転職

いざ転職をしようと決めても、「今の仕事を続けた方がいいのかな…」「いや、やっぱり転職したいな…」と迷う人は少なくないと思います。もちろん転職すること、今の仕事を続けることのどちらにもメリット、デメリットはあります。今回は、今の仕事を続けるかどうかを判断するポイントをまとめました。

 ポイント① 辞めたい理由ははっきりしているのか

 あ〜!もうこの仕事を辞めたい!

誰しも一度はこう考えたことがあると思います。しかし、ただ辞めたいだけで転職を決意するのはリスクが大きすぎます。「自分がなぜ転職したいのか」「なぜ今の仕事が嫌なのか」がはっきりしていないと、次に仕事を選ぶ際に、どんな仕事を選べばいいかわからなくなってしまいます。転職の目的がぼんやりしたまま次の仕事を選んでしまうと、今の状態よりももっと環境が悪くなってしまうことも考えられます。そのようなことにならないためにも、辞めたい理由をはっきりさせましょう。そうすれば、次にどんな仕事をしたいかも見えてくるはずです。

 ポイント② 転職で問題が解決するのか

 もっと給料がほしいし、残業はしたくない。さらにやりがいのある仕事がしたい

仕事に求めることは、人それぞれたくさんあると思います。しかし、自分が求めていることが全て叶うという仕事は、ほとんどと言っていいほどないでしょう。どの仕事をしていても、必ずどこかで嫌な部分は出てきます。転職を考えるときには、本当に転職したら今の問題が解決できるのかを考えましょう。

 ポイント③ 突発的な転職になっていないか

はいはい、もうこの仕事はヤメヤメ

一度こう考えてしまうと、嫌な部分ばかりが目に付いてしまいます。本当は今の仕事にもいいところはたくさんあるかもしれません。「辞めたい」という勢いだけで転職を決めてしまうと、「前の仕事の方がよかった」「こんなはずじゃなかった」となってしまうことが大いに考えられます。そうなってしまわないためにも、辞めたいと思った時こそ、一度冷静になって今の仕事についてもう一度良いところ、悪いところについて考えなおしたほうがいいでしょう。

おわりに

 僕の友人が転職を決めたとき、「今の仕事が嫌だから転職する」といきなり転職を決意し、先のことをなにも考えないまま上司に仕事を辞めることを伝えました。そしてなんとか有給期間中に次の仕事をみつけて転職しました。そのとき、冷静になって今の仕事の良さを考えようとはせず、選択肢から外してしまったそうです。

 転職してよかったと思えることはあります。前の職場よりも残業は減り、人間関係もよくなりました。しかし、給料が大幅に減ったり、福利厚生は悪くなりました。「前の仕事を続けていたらどのくらい稼げていたんだろう」と考えることもあります。

 彼のように転職してから悩まないようにするためにも、転職したいと考えた時にこそ、一度冷静になって自分の状況を見つめなおして、転職するのか、今の仕事を続けるのか、後悔しない選択をとってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました