面接に緊張しすぎてビビってない?面接はこちらも相手を面接している

転職

転職活動には必ず誰もが通る道である「面接」。今回は転職に避けては通れない「面接」について、企業に面接される側の立場だけではなく、こちらも会社を面接する側の立場だという視点で考えていきたいと思います。

会社側も選ばれなくてはいけない

会社も働いてくれる人がいなくては機能しません。面接をする事により会社にとって、より良い人材が入ってくれる事を期待しているわけです。

そのため面接では様々な質問を交わし、その人の人となりや適性、この会社の中でうまくやっていけるかなどを見ていくわけですが、同時に面接を受けている側も会社の様子を見るチャンスとなっているのです。

面接の時に会社をチェックするポイントについて

では面接の際に、会社を見極めるポイントはどんな所でしょうか?第一印象で会社の雰囲気は、ある程度感じる事が出来ると思います。

人の直感というのは想像以上に鋭いもので、大体の場合、最初の印象が大きく外れる事はありません。働いている人の雰囲気や会社全体の空気感、面接官の態度など最初の数分でもある程度わかるものです。

仕事内容や収入に関しての確認は勿論重要ですが、会社の方針や社員のモチベーションを上げているものは何なのか見極める事も大切なポイントになるでしょう。

選ばれる立場であり、選ぶ立場

転職をしようと思い、面接を受ける時は当たり前ですがこちらは緊張しています。しかし、企業も人間が作っているものです。面接を受けに来た人に「この会社にはやっぱり入りたくない」と思われたくはありません。魅力的に思われるよう、向こうも緊張しているのです。

僕自身、転職をした時、社長自ら面接をしていただきました。会社の方針や目指している事、その為に日々取り組んでいる事などを熱く語っていただき、またそこで働く従業員の活き活きとした表情を見て直感で、「ここで働きたい!」と感じました。

自分自身を確かにしておこう

しかしまず、相手を面接する為には、自分の中でしっかりとした価値基準がなくてはいけません。自分が何をしたくてここを選んだのか?その為にここで何が出来るのか?その為にはどこまで出来るのか?どこからが我慢出来ないのか?

そういった自分自身の基準をしっかりと持っていれば、例え選ばれなくても、あなたの基準に会社の基準が合わなかっただけの事です。次に行きましょう。そして、あなたはその基準をしっかりと持って相手を選ぶ事が出来るのです。

お互いにとって良い面接を

企業にとっても、面接を受ける側にとっても良い結果が得られるには、お互いに相手に伝えるべき事を整理し、相手が何を求めているかをよく聞き理解した上でのコミュニケーションが重要になってきます。

相手を面接するという事は、しっかりと相手を理解していないと出来ません。それと同じ事で自分自身の事も相手が理解しやすいように、企業がわかりやすいように整理しまとめておく事が、面接を受ける心構えであると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました