喧嘩別れはデメリットだらけ!円満な退職方法とは

転職

まず、退職するに当たって、自分の退職する決意について、意志が固まっているのかをもう一度、良く考えてみてほしいと思います。

必ず退職理由や、引き留めなどが行われる可能性が高いので、もし、そこで結果的に残ることになった場合、今後の会社内の立場などに影響するからです。会社に伝える前に、冷静になりましょう。

最初に切り出すのは誰??

まず、最初に、『退職したい』という意志を切り出すのは、あなたの直属の上司です。

さらに、上の役職の部長・社長などに切り出してしまうと、その上司のメンツが立たないうえ、部下を管理できていない!と、その上司の責任を問われる可能性もあります。稀に小さな会社では、社長・上司などと一緒に、退職についての話し合いや、手続きを進めることもあります。なので、必ず、直属の上司に相談、という形から入りましょう。

また、自分の職場の先輩・部下・同僚にも公言しないほうが無難です。これは不必要な情報が職場に伝わってしまって、職場が混乱したり、自分の評価が下がっての退職や、嫌な気分を味わいながらの退職になってしまいます。

優秀な上司の場合、あなたが辞める影響で他の社員の士気が下がるのを懸念します。
なるべくそうならないようにキーパーソンとなる人物からあなたが辞めるということを伝えていき、表面上ではわからない根回しが行われます。退職することを公言しないように言われる場合がありますので、必ず守りましょう。

退職を伝えるタイミングは、就業規則に則りましょう。
基本的には1月半前~1月前くらいが妥当です。

退職理由は??

退職する理由は、『体調不良』や、『他にやりたいことがある』などの、個人的な理由が円満で一番いいと思います。

その会社に不満や思うところがあった場合、トゲの無いように伝えましょう。あなたの退職理由から職場の環境改善などを模索しこれから改善される可能性があるので、残っている同僚や、後輩にも明るい未来が残る可能性があります。
しかし、退職理由が会社の不満だけだった場合は間違いなく引き留められます。

給料安すぎ!他のところ行くわ

じゃあ年収100万あげるから残りなさい!

会社・上司ではどうしようも出来ない理由を添えるようにしましょう。

『退職』ということは、会社側でもあなたが簡単に決めたことではない、ということは、重々承知で説得してきます。本当に転職を決意している場合はあらゆる条件を示してきても、NOと言えるでしょう。ここでも、感情的にならずに、丁寧に説明することが重要です。

『縁』とは不思議なもので、この会社を去ったとしても、また次の会社でのお得意さんになったり、営業先の顧客だったりと、関わることになる可能性もあり得ます。

さらに、その退職するまでの、あなたがこれまでこの会社に対して、批判的・反抗的な態度を取り続けた、または非協力的で会社から睨まれてるような立場の人は要注意です。

この場合は、退職するに当たっていろいろな書類が用意されますが、上記のような場合だと、会社も素直に必要な書類を用意してくれず、その結果、雇用保険が受けられない・・・離職票を発行してくれない、退職金がない、などという結果もあり得ます。なので、感情的に不平・不満だけを言わず、「会社のこういうところも自分に合わなかったし、なによりやりたいことがありこの会社では実現できなさそうだ」といった内容を伝えましょう。

有給休暇を消化

退職に当たって、話が纏まって、書類の作成などの最終段階に入ったら、ぜひ、有給休暇を使うことをお勧めします。

きちんと『退職』が決まって、退職する日を会社側と取り決めます。その退職日までは、その会社に在籍しているので、今まで有給休暇を使っていないのであれば、できる限り取得し身体を休める、次の内定先への準備や就職活動を行うなどに使いましょう。

そのまま、退職してしまえば、せっかく溜めた有給休暇も無駄ですし、次の職場に持ち越すことはできません。また、「有給の買取」なるものが極稀に存在しますが、「休暇」を得るという本来の有給休暇の概念から逸脱してしまうので基本的に有給の買取はあり得ません。

しかし自分勝手に有給休暇を取ってはいけません。

有休が20日もあるぞ!もう明日から出社しないでいいや!

ダメです。必ず仕事の引継ぎを行いましょう。
退職決定から最終出社日までにどう過ごすかが円満退職の鍵と言えるでしょう。

社会人になり、丸々1ヶ月休みが貰えるなんて非常に魅力的ですが、それを達成する為には計画的な退職計画が必要です。
退職日を伸ばす、かなり早い段階から退職を伝える、引き継ぎをスピーディーに行うなど有給休暇を全取得する為に準備を必ず行いましょう。

おわりに

感情的にならないことが一番です。
円満退職には、退職が決定してから最後の日まで気持ちよく仕事ができたり、賞与・退職金が正しく支給されたり、人間関係を良好なまま継続できたりいいことづくめです。

ひとときの感情に流されず、本当は思うことがあっても腹の中では「これもきちんと退職金を得る為・・・」と思いながら退職までの日々を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました