不安になるのは、仕方ない〜転職面接で失敗しない 転職経験者がまとめる面接対策〜

転職

転職の面接は、どうしても緊張が大きく不安になるのは仕方ないと思います。

前職を色々な理由で、退職してしまっている

前職を退職してから、無職のブランク期間が長い

スキルや経験はないけど、未経験の分野に飛び込む 

など、どうしても自分に引目を感じてしまうからではないでしょうか?

就職経験はあるけれど、目立った実績も資格もなく、何度も転職面接を繰り返していた僕は、毎回の面接がとても不安でした。

自分ではキャリアアップのつもりでも、周囲からは「こらえ性がない人」と思われているのでは?と感じていました。

ただ、複数回の転職を経験する事で、仕事での経験は勿論、転職に不安もなく、今ではどこでも仕事できると自信があります。

そこで、過去の僕と同じように、転職の面接に不安を覚えてしまう方向けに、複数回転職を成功させている、僕の経験と、調べた内容を、転職面接で失敗しない為の、転職面接対策としてまとめました。

この記事が、転職面接に不安を覚えているあなたに役立てば、幸いです。

まずは面接の流れを把握します

まずは面接の流れを把握、イメージします。

基本的な面接の流れ

「入室 ※面接マナー 第一印象アピール」→
「自己紹介・自己PR ※短くわかり易く」→
「質問:志望動機 ※過去の経験を混ぜながら、簡潔に答える」→
「質問:転職・退職理由 ブランク期間の過ごし方について※矛盾を生まない内容を、自 分の言葉で語る」→
「質問:活かせるスキルや実績経験 ※誇張NG、正直に素直に学ぶ姿勢を見せる」→
「逆質問(面接官への質問 何か質問ありますか?)※無理にしなくても良い」→
「退室 ※面接マナー 面接の感謝と謙虚さをアピール」

中でも、

「入室 ※面接マナー 第一印象アピール」

「質問:転職・退職理由 ブランク期間の過ごし方について※矛盾を生まない内容を、自分の言葉で語る」

「質問:活かせるスキルや実績経験 ※誇張NG、正直に素直に学ぶ姿勢を見せる」

の3つが重要です。

以下、順に深掘りします。

入室 ※面接マナー 第一印象アピール

面接は、最初の3〜5秒が重要

面接は、最初の3〜5秒が重要です。
その理由は、面接では「第一印象」が最も重要だからです。
心理学では、人の第一印象は3〜5秒で決まると言われています(メラビアンの法則)
面接官は、あなたを採用していいか? あなたと一緒に働けるか?という事を、最初の3〜5秒で判断しているかもです。

言い過ぎの様に感じるかもしれませんが、案外間違ってないと思います。実際、挨拶や話し方を含めた第一印象で、採用を決めたという話はよく聞きます。また、人間には、自分が信じた事を、そのまま信じ続けたい(慣性の法則)というものがあり、良い第一印象の後では、多少のスキル不足や実績経験不足などのマイナス要素は小さく感じられます。

◎良い第一印象のために、

「清潔感のある服装、年齢のわりに素直で誠実そうな話し方、謙虚な明るいマナーの良い人」を面接官にアピールしましょう。

ちなみに、具体的な面接のマナーは、こんな感じです。

良い面接マナー

遅刻しない 遅刻する場合は必ず連絡する 

相手に届く声量で挨拶 清潔感とTPOを意識した服装 

表情や仕草も大切 目を見て 笑顔で話す 

相手が年下or異性の場合でも、よく話をきく 

悪い面接マナー

遅刻 到着が早すぎる 

挨拶ができない 声が小さい 

服装がルーズ 清潔感がない 

言葉遣いが荒い 緊張しているのか人の話を聞かない

転職・退職理由 ブランク期間の過ごし方について

※矛盾を生まない内容を、自分の言葉で語る」

嘘だけはNG、多少ネガティブでも正直に、素直に語る

転職・退職理由 ブランク期間の過ごし方については、矛盾を生まない内容を自分の言葉で語る事です。その際、嘘だけはNGです、多少ネガティブな内容でも正直に、素直に。
転職・退職の理由や、ブランク期間の過ごし方について、嘘をついてそこから矛盾が生まれ、面接全体をダメにしてしまう事はよくあります。

真面目な内容で、なんとなく無理がある話って、聞いてて怪しく感じないですか?

面接官もなんとなく嘘だと気付きます。

しかも、一回嘘だと思ったらなんとなく全てが怪しく、悪い印象の払拭は、不可能です。

その様なリスクを犯すよりは、自分の言葉で、多少ネガティブでも謙虚に正直に素直に話すことのほうが、アピールにもなると思います。変な緊張もしませんし。

◎ネガティブな内容でも、嘘をつかない、正直な、素直さがあるとアピールする事が重要。

ただし、前の職場の悪口や周りの人が悪かったなど、すべて全職場や人のせいにするのはダメです。無能な嫌な人にしか思われません。

活かせるスキルや実績経験※誇張NG、正直に素直に学ぶ姿勢を見せる

素直さと学ぶ姿勢のアピールに徹する

活かせるスキルや実績経験の質問は、誇張せず、正直に素直に学ぶ姿勢をアピールする良いチャンスです。

スキルや実績経験があっても、新しい職場では、一からのスタートなので、同じ様に成功するとは、限りません。逆に、面接官のイメージを悪くしてしまう可能性もあります。

スキルや実績経験は、謙虚に控えめに話し、それよりは、正直に素直に学べる人間であることを、アピールしたほうが効果的です。

スキルや実績経験のない方でも、全く未経験の分野に挑戦する方でも、使えます。

「素直な心は進歩の親」という、有名な経営者の言葉もあります、

「素直さのアピール」だけは、確実に行ったほうがいいです。

◎職場で、最も重要な要素は「素直さ」年齢性別関係なく、必須な要素です。

おわりに

面接の流れを知ることで不安が一気に払拭されたかと思います。
転職活動において一番重要なのが面接。ここであなたの人生が左右します。
最高のパフォーマンスが出せるようにしっかり準備して臨みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました