初めての転職 これだけはおさえよう

転職

転職すると決めてからは、辞めて次の会社を探す事ばかりに気を取られてしまいますよね。
でも、大事なのは今の仕事にどのように取り組んできたかを見直すことなんです。
それができれば、次のステージへスムーズに進めます。
その見直し方から見ていきましょう!

今の仕事内容を「棚卸」しよう

今している仕事を他の人に分かるよう説明できますか?
実際に今の仕事内容を書き出してみましょう。

これが仕事を棚卸するということです。具体的には、あなたの会社以外の人に今の仕事内容を分かりやすく説明できれば、その仕事をかなり理解した上でこなしているということになります。

なぜなら説明するには、その仕事の目的や会社内での位置付けを理解していなければならないからです。

すると、その仕事を通してあなたが学んだことや頑張ったこと、苦労したことが出てくると思います。

そのことが、転職活動で自分をアピールする材料になるのです。

ですから、必ず今の仕事の棚卸をして自分の強みや弱みを掴んでおきましょう。

今の仕事から得たことを具体的にしよう

仕事の棚卸で出てきたあなたが学んだ事を、具体的にしていきましょう。

例えば、事務作業を効率よく進めるためにキーボードをブラインドタッチで打てるように練習した。とか、現場作業でリフトの免許を取ったなど、具体的にしていくことが大切です。

更には、職場の人間関係を良くするために積極的に声をかけたなどコミュニケーションについても具体的にしておきましょう。

今は、人間関係を円滑にできる人材が求められています。そういうところも見直してみましょう。

自分を見つめ直すことで、新たな発見があるかもしれません。

次の仕事への目標を立てましょう

仕事の棚卸をして自分の強みや弱みも分かったところで、次にどのような仕事を選ぶのかを考えます。

前職を更にレベルアップすることも、違う分野へ挑戦することもできます。

前職と同じ分野であれば、ある程度の知識もありますので強みを前面に出して会社を探せます

ただ、違う分野へ進むとなるとその分野について調べる必要があります。漠然としたイメージだけで会社を探すのは危険です。インターネットだけの情報だけでなく、できれば現在その仕事をしている人に話しを聞ければ1番いいです。それから、なぜ違う分野の仕事を目指そうと思ったのかも説明できるようにしておくことも必要です。それは、必ず採用担当者から質問されるからです。

こういった作業はとても大切なことなのですが、孤独になりがちです。

できれば、誰かに客観的に判断してもらえれば自信を持って取り組むことができると思います。

それを無料でできる場所があります。

ハローワーク(公共職業安定所)を活用してみましょう

最近の転職活動では、インターネットの転職サイトを利用する方が多いと思います。ただ、信用できるサイトがどれなのかを見極めるのも難しいです。

そこで、活用して欲しいのがハローワークです。ホームページから誰でも全国の求人が見れます。わずらわしい登録などの必要もありません。さらに、近くのハローワークに行けば、無料でいろいろなサービスが受けられます。転職用の履歴書の書き方や職務経歴書の作成方法なども詳しい資料ももらえます。企業に応募するときは、職員の方が応募先の企業に今、何人応募していて何人採用されているかや企業の対応状況も教えて頂けるので応募するかの判断も含めて相談にのって頂けます。

僕も利用しましたが、疑問や不安に思っていることを 何でも聞けてとても心強かったです。

更に1対1で話せるので、気兼ねなく相談できます。

ここで職員の方といろいろ話せれば、面接にも自信を持って話せると思います。

ただ、以前の記事でも書きましたが、質の低い求人も多いのも事実です。


転職活動の第一歩として利用するのはとてもいいですが、容易に転職先を決めるのは危険です。
様々な企業に触れて視野を広くしましょう。

おわりに

初めての転職には不安なことがたくさんありますが、自分を見つめ直す良い機会になると思います。

独りよがりにならず客観的に自分を見つめ、新たな一歩を踏み出して欲しいと思います。

そのためにはひとりではなく、周りの人たちの協力を得ることも忘れないでください。

焦らずじっくりと取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました