転職エージェントのススメ

転職

転職エージェントを活用

ハローワークでは転職活動するな、知り合いからの紹介は有利だが難易度が高い、ではどうすれば良いのでしょうか。

そこで僕が間違いなくオススメするのが転職エージェントを使った転職活動です。
実際に僕自身も利用し、恩恵を受けてます。

転職エージェントとは?

リクルートエージェント、DODA、ワークポートなどCMなどで盛んにやっていますので名前は聞いたことがある方も多いと思います。
求職者と企業を結ぶ架け橋的な役割を担います。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントは企業から依頼を受け、転職を希望する人を集います。
書類選考や面接を行い、実際に内定まで行った場合に初めて企業が報酬を転職エージェントに支払う「成功報酬型」が最も多いモデルです。

その報酬(手数料)は一般的に年収の30%と言われています。
つまり、年収300万円の人の転職が成功すると企業は転職エージェントに約100万円の支払いを行います。

なぜ企業は転職エージェントを利用するのか

そんなに支払うんだったら企業が独自で募集すればいいじゃないか、と疑問が沸きますが求人を集め内定まで企業が全て行うというのはものすごい労力がかかります。

まず、自社のHPで求人を載せても誰も見にこないでしょう。
転職希望者の目につくようにするには相当なITスキルと知識、労力が必要になってきます。

そしていざ転職希望者が現れ、面接までいったとします。
それがあまりにも自社にあってないような人物だと対応するのに時間の無駄です。
ある程度のフィルタリングが必要になってきます。

そこからも大変です。書類選考の管理、面接スケジュールの管理、連絡、問い合わせ、合否通知など全て行わなければなりません。

このように企業の負担はものすごくかかります。

転職エージェントが企業にやってくれること

煩わしい手間をすべてエージェントが請け負ってくれます。

転職希望者とエージェントは電話や対面での面談を行います。
そこで入念なヒアリングを行いある程度の方向性を決めます。

ここでエージェンはどの企業を紹介したらいいか、とフィルタリングをかけます。
フィルタリングといっても難しいことではなくあまりにも現実とかけ離れた企業とのマッチングを仕分けます。

そして求職者に求人情報を流します。求人者は企業を比較することができるようになります。

また、求職者からのアクションがあまりないような企業にはエージェントから求職者へアプローチをかけてくれます。

そして書類選考、面接と進みます。

企業はエージェントからきた書類に目を通し、問題ないようだったら面接可能日をエージェントに提案し、あとは調整してくれます。

そして企業が普段ストレスがかかる部分というのは合否通知です。
直接電話で連絡する場合や文書で郵送など方法がありますが、エージェントを利用している場合だとエージェントに不採用の連絡をいれればあとは処理してくれます。

こういった一連の作業をすべてエージェントが請け負ってくれます。

求職者の4つのメリット

企業側のメリットの部分が長くなりましたが、僕たち求職者にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 無料で利用できる
  • 履歴書、職務経歴書の添削を行ってもらえる
  • 面接対策ができる
  • 企業に直接聞けないようなことをエージェントに聞ける

それぞれご紹介します。

無料で利用できる

先ほど企業がエージェントに手数料を払っている、とお話ししました。
エージェントはそこから利益を得ているので求職者は無料でサービスを受けることができます。

逆にいうと、僕たち求職者がエージェントの商品ととして扱われるということになります。

企業が求める人材に仕立て上げるべく、手厚いサポートが受けられます。

僕たちが実際に企業に内定しないとエージェントは利益を得られないのですから当然ですよね。

履歴書、職務経歴書の添削を行ってくれる

エージェントは少しでも優秀な人材へ見せようとサポートしてくれます。

求職者と企業のファーストコンタクトは書類選考です。

会ったこともない人物の良し悪しを測るものは履歴書と職務経歴書しかありません。
正直、この2つの書類は人生でもあまり書かないのかもしれません。
ですので多くの人が書き慣れていないわけです。

そこで転職のプロであるエージェントが添削を行ってくれます。

誤字脱字はもちろんのこと、「ここの理由が弱い」「こういう書き方にした方が有利になる」など的確なアドバイスがもらえます。

面接対策ができる

面接が転職活動において最大の山場です。

そこに向けては相当量の訓練や準備が必要になります。

転職エージェントでは今までのノウハウをもとに一般的な面接対策から、実際に受けようとしている企業の対策まで行ってもらえる場合があります。

これは自分一人で転職活動を行った場合との大きな違いでもあります。

企業に直接聞けないようなことをエージェントに聞ける

さて、無事に面接が終わりあとは結果待ち。

でも皆さんは肝心なことを面接で聞くことはできていません。

待遇面に関してです。

面接では待遇面に関して聞くのはご法度とされています。
ですので多くの人が条件に不明瞭な部分があるまま内定または入社を迎えます。

しかしエージェントを介することでこの悩みは無くなります。
「賞与は何ヶ月分でるのか?」「住宅手当はあるのか?」
通常では聞き辛い内容でも簡単に聞き、答えてくれます。

これが一番大きいメリットではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。
転職エージェントについて仕組みとメリットをご紹介させていただきました。

転職を考えているがどうしたらわからない、という方は転職エージェントの利用をおすすめいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました