知り合いの紹介で転職は最強だが難易度は高い

転職
  1. 知り合いからの紹介でのは転職はメリットが多い

転職活動を行う一つの方法として、紹介による転職があります。
どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット

  • 採用率が高い
  • 条件交渉時優位に立ちやすい
  • 入社後のポジションが確立されている場合が多い

一つずつ見ていきましょう。

採用率が高い

理由としての一番は信頼されているという点に尽きるでしょう。
紹介する側にとっても使えない人材は会社に紹介できません。
評価が下がる恐れがあるのである程度の人材を上司に勧めることになります。
逆にそれが優秀な人材であるならば評価が上がる可能性さえあります。

さらに企業側にとってもメリットがあり採用率が上がる理由があります。

それは転職エージェントを通していない為に高額な手数料を取られる心配がありません。むしろ紹介した社員に還元するケースもあります。

条件交渉時優位に立ちやすい

通常の転職の場合だと、雇用する側は仕事内容がその人に合っているか、長続きしてくれるかを重点的に突き詰める為、条件の提示など交渉する余裕がありません。一般的には提示されたものを受け入れるしかないケースがほとんどです。

対して、紹介による雇用の場合は是非とも入社して欲しく、他者に流れてしまわないように仕事内容をアピールするのではなく待遇面でアピールする場合が多いです。

対等、または優位に交渉のステージに立てるのである程度の条件を飲んでもらることが多いようです。

入社後のポジションが確立されてる場合が多い

中途採用の場合、即戦力が期待されいきなり実戦投入という話をよく聞きます。しかし実際のところ面接程度ではその人の実力が把握しきれていない為、新入社員と同じあるいは多少の経験者、と同じ立場からスタートします。

紹介による入社の場合、通常の面接では得られない他者からの評価に基づいて採用されている為その人の実力を把握し、ある程度のポジションからスタートということになるケースが多いです。

デメリット

逆にデメリットはどういったものがあるのでしょうか。どれもハードルが高いものになります。

  • 実力がないといけない
  • 紹介されるようなコネがないといけない
  • 業種が変わらない可能性がある

実力がないといけない

他社から引き抜きの話があるとするならば、実績や実力がないと目に留まりません。
自分に自信が持てるほどではないと仮に採用になってもプレッシャーで続けていくのは難しいでしょう。

紹介されるようなコネがないといけない

どんなに実力があっても人との繋がりをもっていないと引き抜きの話はありません。コミュニケーション能力は転職でも必須のスキルです。

また日頃から勉強会やイベントに積極的に参加し、同業者たちのコミュニティに入る努力が必要です。

業種が変わらない可能性がある

転職を希望する理由が業種を変えたい場合でも、あなたのスキルを評価されて引き抜きがある場合、それは同業者からの話であることが多いでしょう。
経営、マネジメントなど汎用的に使えるスキルの場合話は別ですが、基本的には業種が同じで満足な転職結果にならないかもしれません。

経験談

余談ですが僕は未経験でIT系の会社に入ったのですが入社して1ヶ月、積極的に勉強会に参加し、その中で仲良くなった方から早速引き抜きの話を持ちかけられました。それも誰もが知る大企業の方からでした。
運がいい、といえばそうなんですがこのように勉強会に足を運ぶだけでもチャンスは転がっています。

勉強会内で席が近かったことから話をするようになり、ある日話があるからと昼食に誘われました。

話を要約すると

  • この勉強会に出てるレベルならうちに来てくれてもすぐに役に立つ
  • 平均年齢が高い為、若い人に来てもらいたい
  • 今の給料より必ず高い金額を提示する
  • 形だけ面接してもらうが私の方から話は通しておく
  • その他福利厚生が充実しているアピール

といった内容でした。
感じたことは、29歳でもまだまだ若い部類に入るということと、話の内容のほとんどが待遇面のアピールでした。

結論からいうと、この話はお断りしました。
非常にいい話ではあったのですが、自分のスキルがまだまだ未熟だと感じていたのでまだ自信が持てませんでした。
ただ、1年後には十分に成長し、大企業で働いてみたい!と感じたので名刺だけいただきました。密かなモチベーションにつながっています。

 

以上で知り合いの紹介による転職についてです。
忘れないでいただきたいのが、「転職をする為に今の仕事を頑張る」ということです。非常に強いパワーになるので現職の方は頭の隅に置いて今の仕事を頑張ってください。

まとめ

メリットが非常に強い紹介による転職ですが、その分努力するハードルがかなり高いです。

ですが、一つだけアドバイスするならば転職を考えている方は全員この紹介による転職を目指してください。

すぐにでも転職したい、という方は難しいかもしれないですが、もし半年後の転職を考えているならば現職の仕事を今まで以上に頑張り実績を残せるようにしてください。これはのちの記事にも書く予定ですが、職務経歴書、面接時、さらには転職後にも非常に役に立ちます。

「転職をする為に今の仕事を頑張る」と考えると少しモチベーション上がるのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました